【セルフチェック】腰痛、肩コリにお悩みの方

こんにちは!代表の牧瀬です。

なかなか身体の不調が改善しない方には必見です。

身体の不調の原因としては、様々な要因が考えられますが、ボディケアA+では、筋肉の緊張により、関節の可動域が狭くなってしまっていることが、不調の原因である状態に対しての施術を得意としています。

まずはセルフチェックを行ってみてください。

1.股関節の可動域チェック

ブログ画像

2.肩甲骨の可動域チェック

ブログ画像ブログ画像

3.背中の固さのチェック

ブログ画像

股関節の可動域が狭い場合、股関節の前の筋肉(腸腰筋)や太ももの内側の筋肉(内転筋)が緊張している場合があります。この場合、腰が引っ張られたり、詰まったりして可動域制限や、痛みが生じる事が考えられます。

手が後ろで付かない場合は、肩甲骨の可動域が狭くなり、肩コリや首コリが生じると考えられます。肩甲骨には沢山の筋肉により支えられている為、肩甲骨はがしや、鎖骨の下の辺りにある筋肉(小胸筋)を緩めるような施術を行うと、肩甲骨の可動域が改善すると考えられます。

立ったまま、前屈して指が床に付かない場合は、背中の筋肉や、ふとももの裏側の筋肉が緊張している事や、腰椎と骨盤の動きが制限されている事が考えられ、結果腰に痛みや背中に痛みを感じます。この場合、背中の筋肉をしっかり伸ばし、ふとももの裏側をよくストレッチや、マッサージなどをして、緩めてあげると、前屈が行きやすくなり、痛みや可動域が改善できると考えられます。

ボディケアA+では、一人一人のお客様の身体の状態に合わせた施術を心がけています。
セルフチェックでもし気になる事や、今の身体の状態が知りたい方は、お気軽にご相談くださいm(_ _)m

よろしくお願いします。

牧瀬